読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/04/30 BAY STORM

2017/04/30放送

*途中途中カットしてるので雰囲気です*

☆オープニング「春を充実させてやる!」
ニノ「はい、こんばんはー!嵐のかずなりにのみやです。」
メール「私は最近ダイエットを始めました。私的に学校で嫌いなことのひとつに入る身体測定と露出の多くなる夏のためです。何かを続けることが苦手な私がそれを頑張って成功させることで充実するんじゃないかなと思ってやっています。二宮くんも春から始めたいことはありますか?」
ニノ「春、気持ちよくなる季節ですからね。んー…なんだろう。始めたいこと。でももうこの生活が壊れてしまうんであればわたしはもう何も始めたくない。うん。ベスト。今がベスト。相葉くんのドラマ見て酒飲んで。ベスト!やっぱ人が働く姿っていうのはこうも自分を…こう悪(?)にしていくんだなっていう、ことを味わえるのってやっぱり知ってる人がテレビに出て頑張ってる姿を見ることに限ると思うんですよ。わたしなんかは。おそらく今もこれを見てもらうために日夜頑張ってるわけじゃないですか。でもじゃあわたし何頑張ったんだろうってさ、考えながらドラマ見て、お酒飲んでる。んう…泣けてくるよね。これ…すばらしい。がんばって…がんばってるなって。いい職業だな。この生活壊されるくらいならわたしは何も始めない。大変だと思うよほんっとに。ね、付随していろんなこともあるからさ、やっぱり取材もそうだし。宣伝もそうだし。ね、みんなで見ましょうねちゃんと最後まで。

☆我こそオンリーワーク
メール「私は登録販売者としてドラッグストアに勤めています。聞きなれない職業だと思いますが薬局で働いている薬剤師の方と同じようにお客さまの相談内容によって市販の薬を販売しています。薬のことを聞くなら薬剤師と思っている方が多いと思いますが薬を買ったお客さまから後日相談してよかった、ありがとうと言ってもらえた時は最初不安でいっぱいだったけどこのお仕事を選んでよかったと思い、これからも頑張って続けていきたいと思いました。」
ニノ「いい街だよ。街がいい街だこれは。思わない?後日お客様から相談してよかった、ありがとうって…いう街あります?なかなかないよ。それは登録販売者…ふーーん俺も薬剤師だと思ってました。へーー薬剤師の人たぶん薬を混ぜられんのかな?薬を作れるのかな?処方箋が出たものを渡せられるのは薬剤師だけなのかな?なんか、たぶんあるよね絶対ね。やっぱそうなんだ。処方箋出たやつの、例えばこれ作ってくださいって言ったものをできるってことだよね。薬剤師の人はね。そういうことなんだ。なるほどね。まあでもこういうの聞かないと分かんないよね。風邪薬つってもいっぱいあるだろうしね。」

メール「私の仕事は警察官で白バイに乗っています。白バイというと交通取り締まりをしているイメージが強いかもしれませんが、マラソンの先導をしたり、交通安全教室の子供たちに交通指導をしたり、自動車教習所の先生に運転指導をしたりといろんなことをしています。一般の方からは多少嫌がられるイメージがあるかもしれませんが白バイの姿を見て少しでも違反しないようにしよう、安全運転をしようと気を付けていただければそれが交通事故をなくすことにつながっていくのでやりがいのある仕事だなと思っております。また、警察官の中でも厳しい訓練と試験をした人にしか乗ることができないものだと思いますので女性の白バイ隊員は全国でも一握りしかおらず、オンリーワークだなと思っております。」
ニノ「すばらしい!ね、でもやっぱりなんかドキドキしますよね。白バイ見つけると。すごいいつもより丁寧に運転しだしたり、ちょっとスピード落としたりとかして。で、ウーー(サイレン)とか鳴ると、なんだろうって、俺じゃないのに俺だって、こうとらわれて。30キロとかで走ってても遅すぎて捕まったのかなとかいろいろ考えるんすよ。鳴った瞬間に。俺じゃないんだよ結局ね。俺じゃないんだけど、それこそどっかに呼ばれてこう飛んでかなきゃいけない時に、その交通規制をさ、あの人たちは一回解除できるわけじゃん。緊急の時に。それでこうビーーンって行ってるだけなのになんか自分が何かをしたっていうことにとらわれてしまう。どうしても。女のひとでも珍しいですね。ま、もちろんそりゃいるんだろうけど、割合としちゃそりゃ少ないだろうね。重いだろうしねぇ。難しいよねぇ。いやーね…がんばってるな…自分も嫌われるイメージが強いかもしれませんがって、気づいてるんだよ。ね、なのに、えらい!がんばんなきゃな。これからの日本を誰が支えていくんだっていう話ですよ!ね!ふふふ(笑)」

メール「私の父は定年退職後、産直市場に野菜や果物を出荷しています。退職前は営業職だった父が産直の店頭でお客さんに野菜の食べ方や工夫を話すことでかなり固定客を持つ名物おじさんになっているらしいです。私もこっそり見に行ったことがあるのですが、なかなかの営業トークぶりであっという間に野菜が売れていき、父の前職を活かしたオンリーワークだなと思いました。」
ニノ「営業ね、やられてたってことはまあ体力もあるだろうし。まそりゃ売れるんじゃない?ね、でもなんかこう真逆にいきたいって思うのかなぁ。でも真逆にいこうって、やったことないものやってみようと思って前職が活きるって珍しいですね。いろいろあるんだなぁ。定年退職してもやっぱりこう仕事をしたいんだな。ね、これからは自分の時間だ!ってことにやっぱならないんだね。そうだよね、次の日にもう仕事がね、なくなるんだもんね。でも仕事もしなくて大丈夫ですよっていう証なわけでしょ。定年退職なんてのはね。でも動きたいんだね、やっぱりね。ま、そりゃそうか。そりゃそうだよな。」

☆裏嵐
メール「嵐にしやがれのデスマッチのときに二宮くんは早押しボタンを押した後よく手を痛そうにしていますが、二宮くんのボタンだけ特殊な素材でできているのでしょうか?それとも二宮くんの力加減がおかしいのでしょうか?とても気になるので教えてください。」
ニノ「力加減なんじゃないの。俺結構強いんじゃない?だって分かったっていうテンションで押したら強くならない?だからじゃない?鳴ったら痛くないんだよこういうのって。なんでもそうでしょ。だって瓦だって割れたら痛くないんだよ絶対。割れないから痛いんじゃんあれって。なんかこうやったことに対して達成感がないとさ、すごい疲れない?だからあれがたぶん鳴ったら痛くないの。ピンポンが。でも、こんなに思いっきり分かったと思って押してんのに鳴らないっていうことに痛さを感じるんだよきっと。またひとつ大人になれたな。うん、いいこと言った。」

メール「嵐にしやがれ高梨沙羅ちゃんとスキージャンプのゲームを対決していましたね。ゲームが本業のニノとの対決にもまったく動じずやるたびにコツをつかんですごい子だなと思いました。実際に対戦してみてどうでしたか?また、ニノは上手くいかないと寝転んだり、かなりくつろいでいるように見えましたが、家でゲームするときもあんな感じですか?」
ニノ「アスリートの人ってさ、早いんだよね。アスリートの人がつかんだって言うのが一番怖い。もう勝てないもん絶対。なんか俺は逆の風向きの時に飛んでたみたい。なんかそれをちゃんとできてたみたいだね。だからそれはもうその人次第だよ。あれを負けちゃったねってとらえるんであれば負けたんでしょう、おそらくね。それはもう見た人の感じ方次第だとわたしは思ってます。いやそりゃそうですよ。あれがスポーツだったら負けてたでしょうね、おそらく。おそらくそうでしょう。順位が出て、ね。メダル獲得する人も、できなかった人も出てくるわけでしょ。スポーツならばね。でもあれはゲームだから。もうそこはもうとらえ方次第。俺の中ではそりゃもう負けたっていうことじゃないし。勝てなかったっていうことなんだと思うね。負けてはない。ふふふ(笑)負けてはない。負けたっていう人もいるかもしれないけどね。そりゃね、ゲームだから。とらえ方次第だよ。」

メール(ニノと一緒にハンバーグが食べたいさんから)「最近相葉くんの雑誌のインタビューやラジオの発言が神対応すぎると嵐ファンの間で騒がれています。実際ラジオで相葉くんと一緒にからあげが食べたいというペンネームに対し、俺もちょうど食べたかったんだよね、食べよ食べよと返していました。そこで二宮くんだったらどんな反応をするんだろうと思いこのペンネームでメールを送りました。相葉くんと20年以上一緒にいる二宮くんですが、二宮くんだけが知っている相葉くんの神対応があれば教えてください。」
ニノ「二宮くんと一緒にハンバーグが食べたいです。絶対無理ですけどねそれは。俺が行くお店とかも絶対教えないですし。もう万が一に巡り合わない限りそれはもう無理ですよ絶対に。そりゃ相葉くんは、相葉くんはそういう派なんでしょう。食べよう、みんなで食べよっていう。でもハンバーグってみんなで食べるもんですか。からあげってそうだと思うけど。百歩譲って。からあげってひとりでそんな食べらんないじゃん。でも、ハンバーグってみんなで食う?みんなで食わないと思う。お店で万が一出会った、一緒の空間で食べてるだろうけど。俺あげたくないし!ハンバーグ。ふふふ(笑)」
(突然BGMで流れ出すfriendship)
ニノ「神対応ですって相葉さんが。そんなことどうでもいいんですよ、俺のハンバーグの話なんて。相葉さんが神対応してますよっていう話。いい人だよね。年々いい人になってるよね。相葉くんて。いい人になってってると思う、どんどん、年々。なんか…うん、そりゃあんだけ仕事くるよなって思うよね。紅白歌合戦の司会をやったってことでね、今続いてるものもあるだろうけど、その前からたぶんいい人だったでしょ、あの人は。あれが来るってことはやっぱいい人なんだよ。やっぱり自分がだってその番組の責任を負わなきゃいけない時に、5人の中で選ぶんだったらやっぱり相葉くんじゃない?俺だったら相葉くんだもん。うん。今までいろんなところで徳を積んできた人間だから何かこうね、間違いがあってもその徳でこう帳消しできる徳を持ってる人なんだよ。あの人。持ってないもん徳なんか1個も。無理だよ、だからミスできないんだからわたしは、絶対。うん、ハンバーグもあげないし。絶対、あげないよ。もう相葉くんみたいにこうやってね、そうだね!あ!俺もちょうど食べたかったんだよね!食べよ食べよ!っていう徳を積んでるわけじゃん、あの人は、日夜。だからちょっとねミスったってなんだって、みんながかわいいとか相葉くんらしいとかっていう風になってって。自分は反省してるんだろうけどね、おそらくそのミスに関しては。もうこの次ないようにしようって自分の中でこうマイナーチェンジをしていってるんだろうけど、見てる方々はああ相葉ちゃんらしいねとか、相葉ちゃん今日も元気だねとかってことになるんだよ。うん、ああいうお坊さんがいいね。相葉くんみたいなお坊さんに法事とかやってもらいたい。俺が死んだらね。ああいういい人にやってもらいたい。すごいよねえ。こういうことをさ、やっぱがんばんなくてもできるっていうことなんだと思うよ、相葉さんは。で、こういうことを言うとちょっと気持ち悪くなっちゃうようなとこまで来てるわけじゃんわたしはもう。でもさこういうの頑張らずして、あ!そうだ俺もそういえば食べたかった!じゃあ一緒に食べよっかっていう。いい人だなあ。さすがだね。聞きたくなるもんね、そのラジオね。いやもうほんとに。そうだよ、気づいたらわたしと相葉くんだけになっちゃったからねラジオも。そっか、俺と相葉さんだけだね。我々もだからこう愛される番組を目指しましょう。15年目からおっきなシフトチェンジをして、なんかピクニックに行きましたとかっていうメールを読んでいこう。これからね、徳を積む。将来なんかこう彫ってもらえるような人間になりましょう。このマイクの形と共に。徳を積んだ人間だけがやっぱこう彫ってもらえるっていうね。ふふふ(笑)ここから相葉さん見習って、いい番組目指して頑張りましょう。

☆エンディング
ニノ「さあ今週の大賞は、僕は全員に送りたかったんですけど、もうほんとにみんなに、読まれてないメールの人たちにも一枚ずつ送ろうかなって思ってたけど。今日はこの人にね、決めました。ペンネーム二宮くんと一緒にハンバーグが食べたいさん、ね!食べよ~♡ね♡大事にしてください。喜ぶと思いますシールたちも。この番組へのメールは大変お手数ですけどもホームページから。みんな喜ぶと思います。僕も喜ぶので。送ってね~♡ということでぜひ来週も聞いてね~♡ばいば~い♡ふふふ(笑)」